FC2ブログ

ふみふみ先生の報告

鍼灸院・展覧会・近所の猫君・認知症の母・放送大学

梁丘(りょうきゅう)の効能 

[ 治療・鍼灸・仕事関係]

(お食事中の方は、お読みにならないでください)

昨夜11時過ぎ、床についたら直ぐに腹痛がおきました。

治まる気配が無いのでトイレに行きました。

何か下腹部に感じたのですが便意は無く

痛みが強くなる一方でした。


そんなとき学生時代の会話を思い出しました。

鍼灸学校のクラスメートが急な腹痛を起こした際

学校で教わったばかりの、胃経の梁丘というツボを強く押したら

痛みが消えたと言うのです。


その場に居た仲間たちは

「たまたまだろ」と言って相手にしませんでした。

梁丘は胃経の郄穴で急性症状に効くとされていますが

鍼灸院にはそういう患者さんが来られることもないので

知識は有っても、治療に使用したことは一度もありません。


ツボの位置は

膝蓋骨(膝小僧)の上の外側の角から指3本位のとこにある

くぼみです。


そこを強く押してみると

10秒位で少量の軟便が出て少しだけ楽になりました。

でも寝床に戻るとまた痛くなったので

またトイレで強く押してみると

20秒以上掛かりましたが

ガスが出て、しばらくして

さらに多くの軟便が出て、ようやく治まりました。


今回が梁丘の初めての経験なので

半信半疑なのです。


できれば

業界の学会や流派・地域の垣根を越えて

多くのご意見を賜りたいものです。
スポンサーサイト



PageTop▲

猫君も世代交代? 

[ 和田の猫君]

今年産まれた?猫君達が日に日に大きくなり

当院の裏庭の主になってきた。


トラ猫2


先ずはトラ君

この子はもっと大きくなるのだろうけど

画像じゃ分かりにくいけど

細くて弱弱しい感じ。

私を怖がることなく優しく見つめてくる。



次いで

新黒猫


新しいクロ君

この画像じゃ全然分からないけど

尻尾の先が曲がっていて可愛い。

トラ君よりは身体はしっかりしているし

僕が歩いても逃げることなく

時には並走してくれる。




それにしても

去年まで当院の門番だった黒猫君は

どうしたのだろう?


永いヴァカンスにでも行ったのだろうか?

黙っていなくなるなんて

水臭いぜ

PageTop▲

ウルトラセブンを観て 

[ 映画・ドラマ]

先週からBSで『ウルトラℚ』と『ウルトラセブン』が4kリマスターとなって

放映されている。


『ウルトラℚ」は別の機会にするとして

セブンですよセブン!

コンビナートが攻撃されるとこは

かなりの特撮なのに

話全体がユルユルな設定で・・・


でも1番の衝撃は

白黒だと思っていたら、カラーだったこと!

家人にそれを言うと

「あなたの家のTVが白黒だからでしょ」

そうなのか・・・


2番目の衝撃は

地球防衛軍の隊長のお腹が出ていたこと!

38歳位の設定なのに、制服もパツパツで。

健康に対する考えが、現在とかなり違うのが分かります。


『ウルトラℚ』と併せて、当分楽しめそうです。

PageTop▲

三つ子の魂? 

[ ふみふみ先生の日記]

私物を整理していたら、小3の日記が出てきたので

4月~5月の分を読んでみた。


結論から申しますと

今現在の私と考えていることが大して変わらない。

「ゆっくりしたい」という言葉が頻繁に出てくる。

小3にしてこうなのだ。


あと

漢字が少ないことも

進歩がないな~

でも

遠足とか社会見学のような非日常の前日には

ドキドキ感・ウキウキ感が伝わる日記を書いてる

素直な文章だと思う。

PageTop▲

10年前の話 

[ ふみふみ先生の日記]

今週は東日本大震災から10年ということで

色んな特集番組を観た。


当時ふみふみ先生は、東京にいたので

駅ビルで震度5弱を経験して

その後の大停電と街のパニックと大渋滞

携帯の電池が危なかったので直ぐに電源を切り

それで

夜中過ぎに電気が回復するまで

首都圏の地震とばかり思っていた。


そのせいか

地震直後の映像がTVで流れると

何回でも見入ってしまう。


当時、被災地の映像では

色んな子供達が印象に残っている。


仲間を集めて新聞を作ったり

バスの時刻表に合わせて整理券を作り

バスを誘導したり逞しく生きていた。



どこの地区か分からないのだけど

11歳の少女が、家族全員を失いインタビューを受けていた

震災で孤児になったのは彼女だけじゃないけれど

あれ以降

被災地のニュースが流れる度に

新聞やバスの子等と共に、あの少女ことも思い出す。

あの子はどうしているだろうかと、いつも思う。

PageTop▲

Menu

プロフィール

ふみふみ先生

Author:ふみふみ先生
FC2ブログへようこそ!

鹿児島で鍼灸院を営んでいる
ふみふみ先生です。

最近は
本業と放送大学の勉強と家事の
地味な日々が続いております
(なんて)

増えてきた近所の猫君と
京都国立博物館のマスコット
トラりんを見つめるのも
大切な時間です。


でも犬のほうが好きかも

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR