FC2ブログ

更新履歴

▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

2016-11-  ] 

掛け算順序問題に意見

[ ふみふみ先生の日記]

2016.11.29 (Tue)

昨夜寝る前にスマホでニュースをあれこれ見ていたら某有名脳科学者が小学校の掛け算の教育に異論を唱えていた。例題1皿4個のリンゴが6皿あります。全部で何個か?答 24個この答えは皆さん大丈夫ですね。小学校の現場で、その際式を4×6=24 であれば正解で6×4=24 であれば不正解というものこれを、某有名脳科学者は「奇習」だとか「子供への虐待」と言っているのだ。彼の言い分はどっちでも答えは一緒で乗法の交換法...全文を読む

PageTop▲


カレーへの飽くなき追求~最新の仮説の筈が。。

[ 料理]

2016.11.28 (Mon)

先日、久しぶりにカレーを作ったのだが前回、偶然得られた経験で仮説を立て、それに基づいて作ってみた。偶然得られた経験とはいつものように玉ねぎ以外の具材を先に煮てボールに移し次いで玉ねぎをキツネ色になるまで炒め、煮て灰汁を取ったときニンニクが無いことに気付いたので、中断し近所のスーパーに買いに行った。それで中断時間が20分弱になってしまったのだがそのときのカレーが出汁が効いてるというか、和風のようで和...全文を読む

PageTop▲


歴史番組を見ていて

[ ふみふみ先生の日記]

2016.11.22 (Tue)

歴史番組は一定の需要があるからほぼ毎年、似たようなことを特集にしている。去年今年は、大河ドラマの「真田丸」のせいか大坂の陣の特集をTVでも雑誌でも何回もやっている。ふみふみ先生も飽きもせず、ほぼチェックするのだが見ていて、最近のコメンテーターの傾向に気が付いた。簡単に説明すると、大坂方が戦ったことを否定していること。戦わなければ小大名として生き延びられたとの意見が主流だ。ふみふみ先生は思う。血脈を...全文を読む

PageTop▲


「真田丸」を見ていて

[ 映画・ドラマ]

2016.11.21 (Mon)

大河ドラマの「真田丸」が佳境に入ってきた。1回も欠かさず見てきて何となく気付いたことがある。三谷幸喜は、切れ者・知恵者・軍師・参謀はとことんかっこ良く描くが武将・侍大将のいわゆる戦上手の描き方が、本当に下手だ。っていうか、そういう類いの人に愛を感じていないのではないか?大阪城に集まってきた牢人衆は牢人とはいえ名うての侍大将クラスで中でも、後藤基次や明石全登はその代表といっても良いのに単細胞というか...全文を読む

PageTop▲


2年ぶりに九州場所に行く

[ 観劇・寄席・コンサート]

2016.11.20 (Sun)

昨日、2年ぶりに九州場所に行って来た。もちろん観客として。メンバーは、ふみふみ先生・義兄・義父・向こうの親戚観ていて感じたことが4つある。1つ目大相撲を観に来ている客層が独特なこと。なんか、釣りバカ日誌に出てきそうな人達ばかり。たまに20代~30代の女性だけで来ているグループもいるんだけど基本、釣りバカ2つ目我々は升席にいたのです。その左前方に、50代位の姉妹が母親を連れて来ていたのですがそのお母...全文を読む

PageTop▲


歴史妄想

[ ふみふみ先生の日記]

2016.11.18 (Fri)

毎日毎日、トランプのニュースが続いている。大金持ちのド派手なパフォーマンスは好きだけど最近、新ネタが無いようで憶測ばかりで飽きてきた。そんなことはさておいて先日、薩摩藩主だった島津斉彬のエピソードを聞いた。ペリーが来航したとき、危機を感じた斉彬は富国強兵に勤め、同志に呼びかけ幕府にも具申しさらに加持祈祷まで行わせたというのだ。富国強兵は知っていたけど斉彬が加持祈祷だなんて!なんて人間臭い。以下、ふ...全文を読む

PageTop▲


頼れる方の復帰

[ ふみふみ先生の日記]

2016.11.08 (Tue)

今年の4月だったと思う。お世話になっている保険の外交員の方に電話したら病気で入院されていた。ふみふみ先生はこの歳になるまで様々な営業の方にお世話になってきたけどこの方がぶっちぎって安心出来るというか頼れる方なのである。それで、直ぐにお見舞いに行った。風の便りでリハビリも順調で、様子を見ながら仕事をし始めているのはうっすらと伝わってきていたが本日、保険の更新時期ということもあり、当院までお出でになら...全文を読む

PageTop▲


西郷どんをキャスティングしてみた。

[ 映画・ドラマ]

2016.11.05 (Sat)

2018年の大河ドラマの西郷どんの主役に鈴木亮平が決まった。現時点で主役しか決まってないのでふみふみ先生が勝手に5人だけキャスティングを考えた。大久保利通   ディーン・フジオカ鹿児島では西郷に比べて大久保利通の人気が低い。主役よりも脇役が輝いてこそドラマは面白いから。でもディーン・フジオカだったら、五代様で登場するのも大いに有りだ西郷隆盛の本妻   榮倉奈々鹿児島出身だし、背の高い鈴木亮平とつり...全文を読む

PageTop▲


おはら祭りだと、アミュには人がいなくなる

[ ふみふみ先生の日記]

2016.11.04 (Fri)

みなさんご存じの通り昨日は、おはら祭りでした。別に観るつもりは無かったけど、美術館の帰りに天文館に寄ったら自然と眼に入って来た。いろんな組織・グループの方々が参加しておられたがなんて健康的な人たちかと思う。心の底からそう思う。ふみふみ先生にとって、おはら祭りは31年前に中山美穂が来たときくらいで、参加のさの字も無い。観ていても、女性の方々は日焼けで大変だなとそっちの方に気がいってしまう。13~14...全文を読む

PageTop▲


秋の空と母の衰え

[ 母の現在&リハビリ報告]

2016.11.02 (Wed)

昨日から冷え込んで、誰の目にも秋らしくなってきたでも実感としては10日位前から、朝の陽ざしが玄関まで伸びているのに気付いたときかな。玄関まで伸びている陽ざしを見てこれが母さんだったら、どんな俳句作るかなと考えた。母さんは学生時代から始めた俳句が、50代でピークを迎え知事賞や読売新聞の賞に輝いた。2年前の3月に施設に入所した頃は、俳句を作ろうとしていた感もあったが今は、俳句のことなんて忘れてしまった...全文を読む

PageTop▲


前-     2016-11-       翌-

更新履歴カレンダー

10 <<│2016/11│>> 12
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

-・を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。